サラリーマンをしながらできるおすすめの副業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内の多くの企業で副業が解禁されています。
解禁されてはいても、拘束時間のある仕事ではできる副業に限りはあります。
8時から17時の労働時間と通勤時間の合間を使い、できる副業には多くはありません。
そこで、時間の制限を受けにくい副業の種類を3つ紹介します。

クラウドソーシング

1つは、パソコンやスマートフォンがあると手軽に始められるクラウドソーシングを利用した副業です。
クラウドソーシングは、運営会社がクライアントから集めた仕事をユーザーに紹介するサービスです。
仕事の種類は、アンケートの回答から、Webサイト向けの記事のライティング、データの集計など様々です。
専門的な技術の必要なWebサイト作成やサーバー提起などを除き、事務作業をする機会のある仕事の方は手軽に取り組める仕事が多く紹介されています。
例えばライティングの中には、「保険業界に詳しい方」「福祉の記事を書ける方」と本業に携わる方であれば、普段の本業の知識だけで記事を書くことができる案件もあります。
本業の知識や技術を生かしながら取り組める副業といっていいでしょう。

資産運用

また、貯金などの資産をお持ちの方は手元にある資産を増やす資産運用もいいのではないでしょうか?
賃貸マンションの経営や、民泊サービスは2020年の東京オリンピックへ向けて個人事業主の方の参入が盛んな分野です。
また最近では、空き家を店舗向けに改修して貸し出すサービスや民泊も盛んです。
銀行の定期預金でも、利息による収入は手数料でなくなってしまうほどわずかです。
手元にある資産を有効に活用して、定期的な収入につなげるのも副業の1つの形でもあります。

Webサイトの運営やアフィリエイト

また、Webサイトを運営して収益を得ることもできます。
本業の知識や技術、趣味で学んだ多くの知識を元にブログやWebサイトを作成するのは楽しみの1つでもあります。
楽しみながら作成したWebサイトに、Googleなどから配信されるWeb広告を掲載することで、Webサイトのアクセス数やWeb広告のクリック数に応じて収益が発生します。
また、例えば化粧品に詳しい方はAmazonや楽天で販売されている商品をご自身のWebサイトで紹介し、商品が実際に売れることで紹介料をもらえることもできます。
普段使っている化粧品やサプリメント、おすすめのお菓子などを紹介しながら収益を上げることは、ご自身でネットショップを持つような楽しみもあります。
ご自身で立ち上げたWebサイトで収入を得る方法は、アフィリエイトと呼ばれ、楽しみながらお金も稼げる副業です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*